吉利飛行汽車尾部設計

2019-05-08 22:51

Transition側面部分為了能夠在空中獲得更低的阻力,于是將前輪以及后視鏡設計為可伸縮式,為了其特殊使用環境設計人員還為該車采用了輕量化設計,整車裝備質量僅為440KG,遠輕于常見車型,并且在陸地駕駛式最高限速被控制在110KM/h,因此不用擔心輕車身帶來的高速不穩定性。
尾部設計,Transition的尾部采用雙尾翼式設計,因為較大的駕駛艙占據了不少空間,傳統飛機的中置布局的尾翼就有些不太適用,與此同時這樣的設計還有一個好處就是可以將襟翼放置在兩幅尾翼中間,在陸地行駛時甚至可以調整角度提供一定的下壓力。更重要的是飛行過程中提供動力來源的螺旋槳就放置于尾部,更有利于動力輸出。

吉利飛行汽車尾部設計

English version

In the side part, in order to obtain lower resistance in the air, Transition designed the front wheel and the rear view mirror to be retractable. For its special use environment, the designer also adopted a lightweight design for the car. It is 440KG, far less than the common model, and the maximum speed limit for land-driving is controlled at 110KM/h, so there is no need to worry about the high-speed instability caused by the light body.
The rear design has a double-tailed design at the rear of the transition. Because the larger cockpit takes up a lot of space, the tail of the traditional aircraft's mid-range layout is somewhat unsuitable. At the same time, there is another advantage of this design. Place the flaps in the middle of the two tails and even adjust the angle to provide a certain downforce when driving on land. More importantly, the propeller that provides the power source during the flight is placed at the tail, which is more conducive to power output.

日本語版

サイド部分は、空気中での抵抗を減らすために、フロントホイールとバックミラーを格納式に設計し、特別な使用環境のために、軽量設計を採用しました。 それは440KGで、一般的なモデルよりはるかに少なく、そして陸上走行のための最高速度制限は110KM / hに制御されているので、軽いボディによって引き起こされる高速不安定性について心配する必要はありません。
後部のデザインはトランジションの後部にダブルテールデザインがあり、大きなコックピットは多くのスペースを占めるため、従來の航空機のミッドレンジレイアウトのテール部分はやや不適切ですが、同時にこのデザインの利點もあります。 フラップを2本の尾の真ん中に置き、陸上で運転するときは角度を調整して一定の下向きの力を與えます。 さらに重要なことには、飛行中に動力源を提供するプロペラは尾部に配置され、それは動力出力をより助長する。

(圖/文編譯:飛行汽車 www.rqt28ebs.icu)
聲明:未經原創作者飛行汽車網允許不得轉載本文內容,否則將視為侵權,本站依法保留追究權!

分享到:
友情鏈接
© 2005 - 現在 飛行汽車網 蘇ICP備19013935號 違法和不良信息舉報:[email protected]
© 2005 - 現在 飛行汽車網 蘇ICP備19013935號
違法和不良信息舉報:[email protected]
金钱侠下载